音楽(特別編)

忌野清志郎スペシャル

原発村の人々へ

頭の悪い奴らが 圧力をかけてくる

あきれて物も言えない

またしても物が言えない

 

権力を振り回す奴らが またワガママを言う

俺を黙らせようとしたが かえって 宣伝になってしまったとさ

 

日はまた昇るだろう

このさびれた国にも

いつの日にか いつの日にか

自由に歌えるさ

 

はめられて消されたくはない

好きな歌を歌って

いろんなところに行って 見てきたものを歌うだけさ

 

日はまた昇るだろう

このさびれた国にも

でたらめな国にも

いつの日にか いつの日にか

自由に歌えるさ

 

頭のいかれた奴らが 世の中を動かして

このおれが見る夢を 力で押さえつける

 

日はまた昇るだろう

このさびれた国にも

いつの日にか いつの日にか

自由に歌えるさ

 

日はまた昇るだろう

東の芝にも

いつの日にか いつの日にか

自由に歌えるさ

 

日はまた昇るだろう このさびれた国にも

この貧しい国に

いつの日にか いつの日にか

自由を…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我想清志郎、5月2日。

いつも、いつでも、今も、今でも。

I miss you, Kiyoshiro...

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けんな。

負けんなよ。

キヨシローとじかに触れ合った証人なんだからな。

歌手の桑田佳祐さん(54)が初期の食道がんで近く手術を受けることが28日、分かった。10月に予定していたアルバムの発売を延期するほか、10~12月の全国ツアーもキャンセルするという。
 所属事務所によると、8月に入院して手術を受け、術後の経過を見て復帰時期を判断する。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201007/2010072800914&rel=y&g=spo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この世界に愛を 愛にチャンスを

『ハートのエース』を聴いている。

何度も、何度も。

 

5人編成になって以降のRCのアルバムの中ではいちばん「売れなかった」アルバムだが、

僕はけっこう好きだ。

 

確かに地味だし、全編にそこはかとないペーソスが漂うし、メンバー間の志向の違いが既に芽生え始めている感が否めないアルバムではある。

 

でも、僕はその心にぽっかりと空いてしまった穴のようなこのアルバムのテイストが好きだ。

 

長年アナログ盤を聴いていたが、さすがに面倒くさくなってしまってCDで買いなおした。

なんとなく、今が買うタイミングのような気がしたのだ。

あの娘のことが消えてしまわないうちに。

そう、今のうちに聴かなきゃ、と思ったのだ。

 

ハートのエース Music ハートのエース

アーティスト:RCサクセション
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と平和の日

愛と平和!

 

きっと叶うさ。

 

夢じゃないさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胸がどきどき

明日は特別な日。

 

1年は、365日もあって、技術も人々の好みも政治もファッションもすべてが猛スピードで変わって行くから、

365日もあるけど

実に早いわ。

 

遠くに来た感じがする。

 

そして、君の声を聴くと、今でも胸がどきどきする。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの夜を思い出す

夜に腰掛けてた 中途半端な夢は

電話のベルで覚まされた

無口になった僕は ふさわしく暮らしてる

言い忘れたことあるけれど

 

多摩蘭坂を上りきる手前の

坂の途中の家を借りて住んでる

だけどどうも苦手さ こんな夜は

 

お月様覗いてる

君の口に似てる

キスしておくれよ 窓から

 

多摩蘭坂を上りきる手前の

坂の途中の家を借りて住んでる

だけどどうも苦手さ こんな季節は

 

お月様覗いてる

君の口に似てる

キスしておくれよ 窓から

 

 

『多摩蘭坂』 忌野清志郎

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに発見!

昨年5月にがん性リンパ管症のため死去したロック歌手忌野清志郎さん(享年58)の未発表音源が、かつての東芝EMI(現EMIミュージックジャパン)の静岡県御殿場工場の倉庫から見つかった。

 89年に米ロサンゼルスで録音したアナログテープ計12本で、生前に清志郎さん本人も捜していた“幻の音源”。新アルバム「Baby♯1」として、デビュー記念日の3月5日にEMIから発売される。

 見つかったのは昨年9月。清志郎さんの事務所「ベイビィズ」の相澤自由里代表からの依頼でEMIスタッフが関係各所を捜し、東芝EMI時代の製造部門があった御殿場工場の倉庫でアナログ24チャンネルのマルチテープ12本を発見した。

 89年2月と3月に米ロサンゼルスの名門スタジオ2カ所でレコーディングしたもの。録音に立ち会った相澤代表によると、88年末に元「サディスティック・ミカ・バンド」のベーシストで音楽プロデューサーの小原礼(58)と意気投合し、一緒に渡米。モーテルに泊まり込んで現地のミュージシャンと制作した。

 収録されていたのは全10曲。新アルバムの表題曲「Baby♯1」(ベイビーナンバーワン)は、ライブでのみ歌われたためファンの間で“幻”とされていた作品。録音直前に誕生した長男・竜兵(たっぺい)さんへの思いを普遍的なラブソングへ昇華させた名曲だ。

 そのほか「ONSHA」「メルトダウン」などの社会派メッセージソングから「Young Blue」など力強いシャウト系の歌まで多彩な内容。清志郎さんは帰国後すぐにRCサクセションとソロの両方の活動に入り、小原もミカバンドを再結成したため、発売のタイミングを逃したままお蔵入りしていた。6年ほど前から清志郎さんがEMIに依頼していたが、なかなかテープが見つからなかったという。

 録音当時、清志郎さんは反核・反戦をテーマにしたアルバム「COVERS」が発売中止になり、ゲリラバンド「ザ・タイマーズ」の活動を始め、翌90年末にRCが活動休止に入るなど最大の転換期にあった。

 相澤代表は「新鮮な歌とサウンドに驚くとともに、アナログテープ特有の歌の吐息が感じられる」と生々しくよみがえった歌声に感動している。発売はデビュー40周年の3月5日。「Baby♯1」誕生のきっかけである竜兵さん立ち会いのもと現在、制作の最終作業に入っている。

 <2月には40周年記念DVD発売>清志郎さんのデビュー40周年を記念した2枚組DVD「忌野清志郎 LIVE at SPACE SHOWER TV」が2月10日に発売される。スペースシャワーTVが20年前の開局以来撮りだめてきたライブ映像の中から、95年12月日本武道館での「スローバラード」など40曲を厳選した。

スポーツニッポン

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/01/14/03.html

 

僕がブートレグで持っている「BABYナンバー1」の音源がついに見つかったと!

これは素直に嬉しいぞ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君がいなけりゃ 夜は暗い

今になって見返してみると、チャボもリンコさんもコーちゃんも梅津さんもPVに出てたんだ。

(G2は?)

 

当時はただただ衝撃だったな。

日本のPVの最初のLightning Strikeだろう、きっと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Oh! Baby

車を運転中、カーステレオで『青山ロックンロールショー オリジナルサウンドトラック』を聴いていた時のこと、「Oh! Baby」の曲中、何やら可愛い感じでタイミングよく「♪ピヨ、ピヨ」という効果音が入っているのが聞こえた。

「あー、今まで全然気づいてなかった。こんな音が入ってたんだ。リマスタリング&SHM-CDというのはすごいんだなあ」

などと感心していたが、30秒ほどしたらその音は途切れてしまった。

実はそれは信号待ちしていた時の歩行者用信号機の音だったのだ!

 

我ながらな、なんてトボケた奴…。

 

しかしちょうどテンポが合ってたんだよ。

…。

 

忌野清志郎 青山ロックン・ロール・ショー2009.5.9 オリジナルサウンドトラック Music 忌野清志郎 青山ロックン・ロール・ショー2009.5.9 オリジナルサウンドトラック

アーティスト:忌野清志郎,RCサクセション,THE TIMERS,忌野清志郎&2・3’S,忌野清志郎 Little Screaming Revue,忌野清志郎+坂本龍一
販売元:MILESTONE CROWDS
発売日:2009/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)