音楽

THE END

出張で東京へ。

昼に名古屋を出発予定だったのを、朝早くから出ることに変更。
新幹線止まるかもしれなかったからね。

大正解だった。

9時前ぐらいに浜松を通ったとき、車窓を見て「やばかった…」とほっとした。

 

そして、今、東京・有明。
真横に雨風が流れていくのをホテルの部屋から見る。

BGMは、毛皮のマリーズ『THE END』。
これ以上ないぐらいハマってるシチュエーション。 

 

あの、Amazonの包装から出して、「ラストアルバム」と書いてあるのを見た時のショックは忘れられない。
ジャケットやタイトルからして、『毛皮のマリーズのハローロンドン』というハッピーな仮タイトルとは真逆の暗く思い響きに戦慄が走った。

そして、ネットで調べると、「マリーズ解散」の発表が。

 

悲しくて、何か恐ろしくて、結局1週間ぐらいAmazonの封筒に入れっ放しにして遠ざけてたっけ。

 

今は志摩くんの「ユーモア」と解して、ちゃんと大切に聴いているよ。

「ユーモア」…

うーん、葛藤、妥協、迷い、それとも達観なのかな。

 

インタビューで、「毛皮のマリーズは、常にファンの期待を裏切り続けなければならない」というようなことを言っていたのを覚えてる。

『ティン・パン・アレイ』は、その極地なんだろう。

その後の作品でどうするか。
インディーズの頃のノリに戻って欲しいと熱望する旧来のファン、メジャーデビュー後の作風を支持する遅れてやってきたファン、両方の期待を裏切るためには、マリーズを壊してしまうしかなかったのかもしれない。

 

この解散を、悲観的に見ていた僕も、今では「いや、ひょっとしたらこれからもっと面白いことをしてくれるんじゃないか」と思えてきた。
『THE END』の同梱DVDを観ていて、そして解散発表後の志摩くんのインタビューを読んでいてそう思えてきた。

ブルーハーツがいなくなっても、ヒロトとマーシーはもっと面白いことをしてくれたじゃないか。(その面白いことであるハイロウズが終わっても、さらにクロマニヨンズという発見を与えてくれているし)
志摩遼平が何を企んでいるのか、来年の1月1日以降にどんなことが起こるのか、今は楽しみにしていよう。

けして他の3人を見捨てたわけでも、思い違ったわけでもないだろう。

解散ツアーのチケットは取れなかったけど(武道館は日にち的に無理だけど)、マリーズが残したマリーズの音楽を今は楽しもう。

そう思っている。

そんな楽しみな余韻を残してくれる、
THE END。

※「志摩」→「志磨」でした。間違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YUIは、もうなんだかなあ

YUIの新曲「HELLO -Paradise Kiss-」がamazonで酷評されている。

僕もYouTubeで聴いてみたが、

いや、

そうかあ。もうそういう路線で行くのかあ。

と感慨にふけってしまった。

 

3rdアルバム『I Loved Yesterday』が、歌詞の稚拙さと音の軽さにがっかりさせられたものの、制作スタッフが変われば大丈夫じゃないかと思っていたんだけど、

4thアルバム『Holidays in the Sun』で、「次のアルバムは(買うかどうか)ちと悩むなー」となってしまっていただけに、

今回のシングルでもう決定的にダメなんじゃないかと思ってしまった。

 

『Holidays~』もやはり拙くて陳腐なアレンジの楽曲だらけだった。

及第点は「to Mother」「GLORIA」「please stay with me」「Summer Song」ぐらい。

1曲目の「to mother」で、「お、いいんじゃない!?」と思ったものの、続く「again」の安っぽさに余計ショックを受けてしまった。

前作はリズムの軽さ、単調さが耳について、そこは多少改善されていたものの、今度はエレキギターの音とフレーズの「古さ」がなんともやりきれない感じであった。

シブがき隊か、石川秀美か、高田みづえか!!と言いたくなる音だ。

(というと、僕がすごくおじさんに聞こえてしまうかもしれないが、そんなことはない。おじさんの入り口ぐらいだ)

 

で、今回の「HELLO」ですよ。

これが、また、チャラい。

もはや何を狙っているのかよくわからない。

そのへんはスターダストの売り方に問題があるんじゃ…と思われるが、YUI自身は本当にそんな音楽をやりたいのかな?

そうでないなら、さっさと別のマネジメントを探したほうが得策だろう。

 

 

中学生や高校生に共感されるのと、中学生や高校生でも思いつきそうというのとでは全然違うと思うんだけどね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の一言

愛も平和も欲しくないよ

 

だって君にしか興味ないもん。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずっきゅん その3

にゃにゃにゃにゃにゃにゃ

You say 昼ごはん(卵をかける)

にゃにゃにゃにゃにゃにゃ

I say 晩ごはん(魚を食べる)

朝だけ一緒に食べよう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずっきゅん その2

離れ離れの僕らは 誰の力も借りずに 

ほら、ちゃんと出会えたじゃなかいか

間違ってなかった

歴史はすべて間違いじゃなかった

http://vlog.xuite.net/play/NG81RmhlLTMyNjM3NTkubXA0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんな視点もあるのか

amazonでJimi Hendrixの『Bold As Love』のカスタマーレビューを見ていたら、ちょっとぶっ飛んだのがあった。

 

以下、抜粋。

評価の星はわずか1つ。

で、書評は

「うるさい、つまらん」

これに尽きるね
うるさい割に曲が単調で何の面白味も無い
little wingなんて途中で止めてしまう始末
手抜きにもほどがある
くだらぬ!

僕はこれを読んで、「なんて新鮮な感想なんだ!」と逆に感心してしまった。

まず、ジミヘンの3枚の公式アルバムの中でも、「サイケ色が強く、実験的要素やコンセプトアルバムの傾向が強い」通好みのアルバムをわざわざ選んでいること。

『Are You Experiment ?』ほどショッキングでなく、『Electric Ladyland』ほど激しくない『AXIS:Bold As Love』(ナーバスでマイルドな印象)なのに、「うるさい」という感想を抱いていること。

この人に「モンタレー ポップフェスティバル」のジミヘンのパフォーマンスを見せたらショック死するのではなかろうか。

 

そして極めつけは「Little Wing」を「途中でやめる」「手抜き」と感じていること。

きっと同じような手法を秋元康がAKBでやると、「斬新だ」「奥が深い」などと絶賛するんだろうなあ。

 

 

まあ、そもそもジミヘンの音楽を知らずにいきなりオリジナルアルバムを買うところが不思議なんだけど。

先入観や予備知識無く、音楽愛好家に「いい」と言われているものを買ってまで聴くところは評価すべきか…。

 

いや、世の中には面白い視点があるものなんだなあ。

 

Axis: Bold As Love Music Axis: Bold As Love

アーティスト:Jimi Hendrix
販売元:Experience Hendrix
発売日:1997/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Holidays in the Sun ?

予約して買ったにもかかわらず、1回聴いただけでCDラックにしまってあった『Holidays In The Sun』をこの3~4日聴いている。

 

「いいなあ」と思った曲は「to mother」と「GLORIA」ともう1、2曲ぐらいだったが、前作『I LOVED YESTERDAY』よりはいいと思った。

 

まず、リズムが単調ではなくなった点。

ベースがしっかりランニングしているし、ドラムも以前ほどスカスカではなくなった。

また、「天使の琴声」と呼ばれたYUIの声を最大限引き出して録ろうとしているな、と感じられる点も非常に好感がもてた。

うん、そうだな。

YUIはやっぱりこの声でなくちゃ。

 

歌詞は前作に続き、中高生の日記みたいというか、背伸びした子どもの歌みたいなのが多かったのは残念だった。

時に素晴らしい歌詞を書くのに、この落差はなんなんだろうね?

「es car」の中で主人公の女の子が彼氏の視線が他の女の子に行ってしまっているのを気にしている描写があるが、同じ心情を歌っていても椎名林檎の「ここでキスして」はここまで恥ずかしくはない。(ま、椎名本人は「自分の中では可愛すぎる曲」というようなことを言っていたが。)

これが、ティーンの女の子には受けるのかなあ。

 

それと、相変わらずエレクトリックギターを前面にフィーチャーした曲は、そのギターの音とフレーズが安っぽくて大ブーイングといったところだ。

昔の歌謡曲みたい。

 

と、まあ、褒めるよりも注文の方が多くなってしまったが、悪くはないよ。

 

アルバムタイトルが今までのBEATLES路線からいきなりSEX PISTOLSに変わってしまってビックリ。

いまだに「Holidays in the Sun」のイントロが頭の中で流れてきて、そのギャップに困ってしまう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さ、最近の子ってきたら

ようつべで見て、たまげた。

なに、この娘。

こんな可愛いくて、ギターがめちゃめちゃうまいなんてヒキョーだ。

まあ顔が可愛いかどうかはわからないけど。

 

しかもただコピーしてるんじゃなくて、いい音出してるし、ピッキングハーモニクスとか気の利いたおかずとか入ってて「うーむ!」と唸らせるんだよね。

おれが弾いてたギターなんて、ギターのうちに入らないね。

それでいて、膝で内股気味にリズムとってるのが可愛い♪

 

メロイックサイン出してアピールしたり、オジーたんにケーキ食べさせたり、ぶっ飛んでるし。

 

久々の衝撃。

なんか毎日聴いちまう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虹の彼方へ

ロニー・ジェイムス・ディオが亡くなった。

今日それを知った。

イングヴェイと共に僕にハード・ロック、ヘヴィ・メタルを教えてくれたディオ。

高校生の頃、「Rock'n' Roll Children」を聴いて文句なしにかっこいい!と思った。

そして、「Rainbow RISING」というハードロック史上最高の名盤と出会った。

 

本当に数日前、何かの拍子に

「そういえば、ディオも癌で闘病中だったな。何年かかってもいいから復帰してあの声を聴かせてほしいな」

と思ったところだった。

あれは一種の虫の知らせだったのだろうか。

 

RAINBOWファンの間では、実現の可能性はほとんどないとは思いつつもいつまでもリッチーとの「オリジナルRAINBOW」再演の夢が語り続けられていた。

でもそれはもはや本当に虹の彼方へ消えてしまった。

 

「We must be over the rainbow」

ドロシー少女の呟きが今も耳の奥にこだまする。

そのセリフはまるでロニー、Rainbow脱退後のあなたに課せられた呪縛のように感じられたよ。

Rainbowが最高だった。

そんな周囲の声にあらがうようにBlack SabathやDIOに打ち込んだあなた。

あなたのそんな姿は、ヴィヴィアン・キャンベル以降、自分と対等に(時としてケンカするぐらいに)渡り合えるパートナーにめぐり合えず、Rainbowを超えられないその無念さと、なおももち続けたRainbowへの愛や夢とのアンビヴァレントな感情に翻弄されているかのように映っていたよ。

 

ありがとう、ロニー・ジェイムス・ディオ。

幸運と悲運を併せ持った不世出のシンガー。

あなたに出会えて幸せだった。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

誰だかわからない

この前FMを聴いてたときに流れてきた曲の「ドラムがいい音してるなー」と気になった。

女性アーティストの曲。

「Salyu」と言ってたような気がしてたので、さっき調べてみたけど、そのときに紹介してたアルバムタイトルとSalyuのニューアルバムのタイトルは明らかに違っていた。

一体、何というアーティストの何というアルバムに入っている何という曲だったのか…。

どれひとつちゃんと覚えていないので調べようがなくて困っている。

 

でも、そういう、「あ、このドラム好き」とか「このギターいい音してる」とかって結構発見が多くて楽しい。

昔大塚愛のアルバムでギターを弾いてた松江潤はその発見のひとつだった。

ジェフ・ベック好きがひしひしと伝わってくるギターの音色だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧