« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

再会

奇跡、

みたいな再会。

 

まー、実際に会ったわけじゃないけど。

 

愛しの菅澤美月ちゃんが、新生「真山れみ」として再デビューしていたらしい。

 

偶然発見した。

 

しーうれ、しーうれよ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OK、チャボ~!

関ジャニ・NEWSの錦戸くんは、若い頃のチャボによく似てるなー。

と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏食

枝豆食べたり、冷麺(冷やし中華じゃない方)食べたりしながらビール飲んだらすっかり夏色になってしまった。

 

キムチを買い忘れるという大失態を演じてしまったが、牛角の冷麺はスープにキムチの味がついていたのでセーフ!

 

冷やしトマト、とうもころし((c)メイちゃん)、みょうが、かつおのたたき、ナスの味噌汁、etc、etc…。

夏食まいうー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

損した気分になること・その1

他の女の子を口説き、よろしくやっちゃったらしき夢を見て寝言を言っていたのを責められること。

 

見ようと思っても見られないそんないい夢を本人が覚えていないなんて!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマー

今シーズンはテレビドラマを結構観ている。

冬場はほとんど観なかったのに。

 

今回の僕にとってのいちばんの当たりはフジの『名前をなくした女神』。

あのエグさがサイコホラーっぽくて面白い。

それでいて、各家族、夫婦、親子関係の中にちゃんと世相が入っているし。

上手くはない杏の演技も、「これはこれでありかもな」と思えてきた。

『ジョーカー』以来のバーター出演(?)となるりょうのお肌の劣化も今回は気にならない。

 

ついで、テレ朝深夜の『犬を飼うということ』。

これまた『ジョーカー』つながりの錦戸くん主演だが、しょぼくれたサラリーマンを好演している。

ちょっとほろ苦くてアットホームなドラマだが、「スカイと我が家の180日」というサブタイトルが気になる。

180日後、スカイはどうなるのだ!?

 

他は、『BOSS』、『マルモのおきて』、『アスコーマーチ』。

それらのレビューはまた次の機会に。

 

※冬シーズンから引き続きBS日テレの『モモのお宅の王子様』は毎週欠かさず観ている。韓国ドラマよりも台湾ドラマの方が外国モノっぽさが強くて好き。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

急いではいるけど、かまわんさ

タライ回しにされるより むしろ

君のラタイが見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我想清志郎、5月2日。

いつも、いつでも、今も、今でも。

I miss you, Kiyoshiro...

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少し待とう、ニッポン

「頑張ろう日本」とか、「蘇れニッポン」とか、

「前を向こう」とか「乗り越えよう」とか、みんな無責任に前のめり過ぎなんじゃないかなあ。

 

震災から1週間ぐらいであっというまに「自粛ムード」と「復興ムード」がやってきて、今は「復興ムード」一色になってる感がある。

 

それもかなり恣意的に。

 

 

肉親や恋人や友達やご近所さんをある日突然亡くしたり、積み重ねてきた日常や思い出や仕事やくつろぎを一瞬で失ってしまった人たちが過酷な現実を飲み込み、消化するのにはもっともっと時間が必要じゃないだろうか。

 

「がれきの撤去作業」なんて軽々しく言ったりしてるけど、当事者たちにとってみればそれは「がれき」じゃないのかもしれないし。

不運で過酷で、辛くて恐ろしくて、でも生きるということはそれらを乗り越えていかなければならなくて、そんなことはわかっているんだけど、そこにはやっぱり自然治癒のための時間が必要で。

 

「日本は強い」と言って励ましたり、義援金を出したり、物資を送ったりすることは簡単だけど、少し立ち止まって待ってあげることも必要なんじゃないかと思う。

そう思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出来過ぎ

サイト「あなたを5・7・5で表しったー(http://shindanmaker.com/115046)」で自分の名前を入力してみた。

 

結果は…

『ロリコンは はじることなき こせいです』

って、出来過ぎ!

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »