« I'll Be Back | トップページ | 深夜番組 »

激安!…だけどさあ

先日テレビで見た激安衣料品店へ行ってみた。

どれぐらい激安かというと、ほとんどの品が100~500円程度なのである。

その上、10月いっぱいは夏物を中心に値札からさらに半額中だという。

テレビ番組では、全身コーデで2,000円!みたいなこともやっていた。(金額違ったかもしれないけど、そんなに違わないはず)

 

なぜそんなに安くで販売できるかというと、各問屋は必ずと言っていいほど余剰の在庫を抱えているのだそうだ。

生鮮品と違い衣料品は腐るものではないので、それほど在庫調整にシビアではなく、どこもがメーカーから多めに仕入れるためだ。

言い方を変えると、在庫過剰になるリスクよりも、売れる時期に在庫切れになってしまうチャンスロストのリスクを重視しているということだろう。

それらの余剰在庫を独自ルートで社長自ら買い付けに行くために、ワンピース1点380円なんていうことができるらしい。

 

平日の昼間だが、駐車場はいっぱいだ。

いちばん奥のスペースが一つだけ空いていたので、入り口からバックで入れた。

駐車場からも推測できたように、店内はいっぱいの人だった。

95%が主婦らしい。

わずかにいる男性は定年後という感じの奥さんの足に使われたような人ばかりで、僕としては居心地が悪い。

しかも、しかもだ。

メンズ衣料は片隅の一区画だけで、ほとんどがレディースと子供服だ。

少々落胆しながら、物色を始めた。

 

気のせいか、「少々難あり」の表示の品が多い。

中には、「これ、少々っていわないんじゃ…」と言いたくなるぐらいの傷物もある。

それから、サイズがない。

トップスはほとんどがL。パンツは、ウエスト95とか105なんてのばかりだ。

時々みかける「76」なんてのは、サイズはいいがデザインが…である。

いずれにしても、「そもそもなんで問屋はこんなに仕入れたんだ」と疑問を持つような駄目さ加減である。

「安かろう悪かろう」とはまさにこの状態だ。(メンズに限った話である。レディースは品揃えも豊富だったし、きっと良いものがあるんだと思う)

 

が、せっかく雨の中来たんだしと思い、レイヤードで使えそうなカットソーやタートルネックを中心に選んだ。

中でも掘り出し物は、某有名ブランドのタグの付いた1点もののダブルジップニットだ。

元々の値札には9千いくらという金額が記されている。

「そりゃそうだろう」というぐらいのめっけ物だ。

 

結局合計4点で1,960円だった。

お近くの方は、時々チェックに行くと意外といいものが見つかるかもしれない。

僕は、当分訪れる予定はないが。

 

↓この人の言ってることもよくわかるなあ。

絵描きうさぎさんのブログ。「絵描きうさぎのにちにちつづり」 http://tontokan.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_2065.html

|

« I'll Be Back | トップページ | 深夜番組 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468041/8511495

この記事へのトラックバック一覧です: 激安!…だけどさあ:

» デニム&ダンガリー160 [デニム&ダンガリー(160,150,100)]
デニムダンガリー人気の秘密は子供と大人のママが同じブランドのファッションを 楽む事が出来る商品展開をしていることがその一つになっています。 デニム ダンガリー160を買っていくのはほとんどが大人のママで、特にデニムは 人気商品の一つでもあり、子供服とい...... [続きを読む]

受信: 2007年10月20日 (土) 00:29

« I'll Be Back | トップページ | 深夜番組 »