ターニングポイント

夢だけど、夢じゃなかった
by さつきとメイ

 
 

9人だけど、勝っちったw
by 味スタ参戦のエスパサポ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不便

ココログをスマホから書こうとしても画面エラーが出てログインできない。

PCを起動する機会が最近は少ないので、ちっとも更新できてないや。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

THE END

出張で東京へ。

昼に名古屋を出発予定だったのを、朝早くから出ることに変更。
新幹線止まるかもしれなかったからね。

大正解だった。

9時前ぐらいに浜松を通ったとき、車窓を見て「やばかった…」とほっとした。

 

そして、今、東京・有明。
真横に雨風が流れていくのをホテルの部屋から見る。

BGMは、毛皮のマリーズ『THE END』。
これ以上ないぐらいハマってるシチュエーション。 

 

あの、Amazonの包装から出して、「ラストアルバム」と書いてあるのを見た時のショックは忘れられない。
ジャケットやタイトルからして、『毛皮のマリーズのハローロンドン』というハッピーな仮タイトルとは真逆の暗く思い響きに戦慄が走った。

そして、ネットで調べると、「マリーズ解散」の発表が。

 

悲しくて、何か恐ろしくて、結局1週間ぐらいAmazonの封筒に入れっ放しにして遠ざけてたっけ。

 

今は志摩くんの「ユーモア」と解して、ちゃんと大切に聴いているよ。

「ユーモア」…

うーん、葛藤、妥協、迷い、それとも達観なのかな。

 

インタビューで、「毛皮のマリーズは、常にファンの期待を裏切り続けなければならない」というようなことを言っていたのを覚えてる。

『ティン・パン・アレイ』は、その極地なんだろう。

その後の作品でどうするか。
インディーズの頃のノリに戻って欲しいと熱望する旧来のファン、メジャーデビュー後の作風を支持する遅れてやってきたファン、両方の期待を裏切るためには、マリーズを壊してしまうしかなかったのかもしれない。

 

この解散を、悲観的に見ていた僕も、今では「いや、ひょっとしたらこれからもっと面白いことをしてくれるんじゃないか」と思えてきた。
『THE END』の同梱DVDを観ていて、そして解散発表後の志摩くんのインタビューを読んでいてそう思えてきた。

ブルーハーツがいなくなっても、ヒロトとマーシーはもっと面白いことをしてくれたじゃないか。(その面白いことであるハイロウズが終わっても、さらにクロマニヨンズという発見を与えてくれているし)
志摩遼平が何を企んでいるのか、来年の1月1日以降にどんなことが起こるのか、今は楽しみにしていよう。

けして他の3人を見捨てたわけでも、思い違ったわけでもないだろう。

解散ツアーのチケットは取れなかったけど(武道館は日にち的に無理だけど)、マリーズが残したマリーズの音楽を今は楽しもう。

そう思っている。

そんな楽しみな余韻を残してくれる、
THE END。

※「志摩」→「志磨」でした。間違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発村の人々へ

頭の悪い奴らが 圧力をかけてくる

あきれて物も言えない

またしても物が言えない

 

権力を振り回す奴らが またワガママを言う

俺を黙らせようとしたが かえって 宣伝になってしまったとさ

 

日はまた昇るだろう

このさびれた国にも

いつの日にか いつの日にか

自由に歌えるさ

 

はめられて消されたくはない

好きな歌を歌って

いろんなところに行って 見てきたものを歌うだけさ

 

日はまた昇るだろう

このさびれた国にも

でたらめな国にも

いつの日にか いつの日にか

自由に歌えるさ

 

頭のいかれた奴らが 世の中を動かして

このおれが見る夢を 力で押さえつける

 

日はまた昇るだろう

このさびれた国にも

いつの日にか いつの日にか

自由に歌えるさ

 

日はまた昇るだろう

東の芝にも

いつの日にか いつの日にか

自由に歌えるさ

 

日はまた昇るだろう このさびれた国にも

この貧しい国に

いつの日にか いつの日にか

自由を…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新エネルギー

火力だ、水力だ、地熱だ、原子力だと言っても、

結局は熱でもって水を沸騰させて蒸気でタービン回して発電してるんだよね。(たぶん。あ、水力はちょっと違うか)

 

なんか基本蒸気機関と変わらない気がする。

21世紀の2011年の今なのに。

 

1次エネルギー → 熱へ変換 → 水を沸騰させる → 蒸気で発電機を回す → 2次エネルギー(電気) っていうところがなんかまどろっこしいな。

 

今のところ、自然界の物質等を使って直接発電できるのは太陽電池ぐらいなのかな。

他にはないのか。

それか、電気に変わる動力源、動力媒体そのものをもっと研究してもいいんじゃないのか。

成功したら世界がひっくり返るぞ。

石油資源、鉱物資源が乏しい日本だからこその研究・投資を行って欲しいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人種差別とは何か

「ゴトビへ 核兵器 作るのやめろ」
という横断幕は人種差別にはあたらないとの大東Jリーグチェアマンの発言にはあきれた。

今回の横断幕は、イラン政府に対するメッセージではなく、一個人へあてられたメッセージである。
しかも、イラン系の人種すべての人を一律に誹謗するような文言で。

これが人種差別でなく、なんなのだ?

あるいは政治的メッセージをスタジアムに持ち込まないというのが一定のルールではなかったか?
(ピクシーが「NATO, Stop Strikes !」とアンダーシャツに書いたのと何が違うのだ!)

 

という抗議をしようと思ったが、JリーグやJFAへの通信手段って意外とないのな。
それとも、抗議がくると困るから隠してあるのかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見直した

「電力業界を保護しようとする態度がゆるせない」

「なんで関経連のトップが関電なのか、このタイミングで?」

とツイートして経団連を脱退した楽天の三木谷社長を見直してしまった。

 

元々、ライブドアとのプロ野球球団買収の騒動のときから「なんか胡散臭い偽善者が出てきたなあ」と思っていた。

さらに次にはJリーグのヴィッセル神戸を買収して、

そのチームカラー、ユニフォームをクラブ創設以来伝統だった白黒の縦縞から楽天の企業カラーである「クレムゾンレッド」に変えさせたという

儲け至上主義、プロスポーツチームの私物化の極みのように感じていた。

つまり、ホリエモンとたいして違わないし、ナベツネなんかとも似たようなもんだと思っていたのだ。

ま、そのあたりの所感は今でも変わりはしないが。

 

が、今回の経団連脱退の動きの潔さと、その理由の明瞭さはあっぱれだと思う。

「電力業界は原子力も含め抜本的な改革が必要である。地域独占と政官財メディアの癒着も今回の根本的原因の一つ。経産省の責任も大きいと思う」というのはまさに正論中の正論で、でもそれを大手企業のトップが堂々と言えるということは大きい。

 

20年前、清志郎が

♪何言ってんだー、よせよ だませやしねぇ
何言ってんだー、やめときな いくら理屈をこねても
ほんの少し考えりゃ俺にもわかるさ

たくみな言葉で一般庶民を だまそうとしても
ほんの少しバレてる、その黒い腹

と歌ったときは、彼はただのdreamerだと嘲笑されていたが、

それはまったくの真実だったし、今では日本中で何十万、何百万人もの人が20年経った今、やっとそのことに声を上げ始めたんだなあと思う。

 

今回こそは黒い腹の連中なんかにごまかされずに反核へと日本中、世界中が進んでいけばよいなと心から願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«衣替え